鬱になってしまった時の対処【症状様々な精神病の治療法】

医者

メンタル面の病気

笑顔

様々な不調が現れます

現在増えている鬱病は、心身に様々な不調が現れてくるのが特徴です。初期には鬱病と気づきにくいことも多く、時に病気の発見が遅れることがあります。過労が重なった時や大きな精神的ショックがあった後などに特に発症しやすいため、こういった時期には特に自覚症状に注意を怠らないことが大切です。鬱病の症状は多岐にわたることがほとんどで、大概は複数の症状が同時に現れてきます。日頃から心と体のサインを見逃さないことが、この病気では大切なポイントです。鬱病の初期に多く現れる症状としては、例えば食欲の不振が挙げられます。胃の痛みや不快感などの消化器症状を伴うこともあり、一見鬱病に思えないことがこの場合問題です。疲れやすくなったり、睡眠が十分にとれないといった症状も、鬱病の初期にはよく見られるもので、心身が疲労していく傾向にあります。場合によっては異常に食欲が増えてしまうこともあるため、いつもとは違う症状がある場合には念のため健康診断などを受けるのがベストです。鬱病の場合は、重症化すると治療も長びく傾向があります。ですので、初期症状にいかに早く気づくかが予後を左右する要素です。自分一人では中々把握出来ないことも多く、この病気は家族や同僚などの周囲の気遣いが大切になります。多くの場合、鬱病は段階を経て病気が進んでいくため、本格的な病気に移行する前に手を打つことが重症化させないコツです。大抵は、何らかの症状が発症前の段階で生じており、危険な兆候には早目に対処することが求められます。

脳内物質が関係しています

最近では鬱病と脳内物質の関係が取り沙汰されています。脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることが、様々な精神的な症状の原因です。自殺を考える程度にまで重症化した鬱病の場合には、脳の中のセロトニンと呼ばれる物質が大幅に減っていることが指摘されています。セロトニンは別名幸せホルモンとも呼ばれ、精神的な安定を保つためには欠かせない脳内物質の一つです。鬱病になるとこの物質を取りこむ受容体の量が異常に増えてしまうため、セロトニンが減少してしまいます。こうしたことから、現在の鬱病の治療においてはセロトニンの再取り込みを阻害する薬が多く使用されています。このような薬は、脳内物質のバランスを正常に近づけられる点が大きなメリットです。昨今ではこの手の薬が一般的な抗うつ剤として使用されるようになっているため、心療内科や精神科を受診することで処方を受けることが出来ます。医師の指導の元で正しく服用すれば、依存性の心配も失くすことが可能です。鬱の症状が未だ軽い場合には、普段の食生活でセロトニンの量を増やすことも出来ます。トリプトファンと呼ばれる成分を多く摂取することで、少なからずセロトニンの量が増えることが分かってきており、含有量の多い食品を意識して食べることが鬱病を予防する一つの方法です。肉類やバナナ、納豆などがトリプトファンを多く含む代表的な食品とされており、毎日の食事に取り入れることである程度病気の発症を抑えることが出来ます。食事からメンタル面の問題を解消する試みがされているのが、近頃の傾向です。