鬱になってしまった時の対処【症状様々な精神病の治療法】

笑顔

気持ちが沈む病気

女性

正しい知識

憂鬱な気分になったり、何もする気がおきなくなることなどといった症状が出ることのあるうつ病。もっともそういった感情は決して珍しいことではなく、普通の日常生活をしている間にも発生することはあります。しかしそれが長時間もしくは長期間継続され、心だけでなく体などにも影響を及ぼすようになると、それはうつ病になっている可能性があります。もっともうつ病も心の風邪とも呼ばれるように、誰でもなる可能性はありますし、現代社会では知名度も高くてポピュラーな病気となりつつあります。しかしながら名称だけは知っていたとしても、その対処方法や病気に対する理解度となると、話は別です。一般的な素人はもちろんのこと、専門的に学んでいる人などの間でも、現段階では鬱に関する定義などはあいまいな面もあり、確定的な定義などもありません。そのために症状の判断や改善に時間がかかることもあり、一時的に完治したとしても、また再発してしまうことなどもあります。とくに心療内科やメンタルクリニックなどの医療機関で専門家の指示を仰がず、思いこみや我慢といったことを繰り返していると、取り返しのつかない最悪な結末になってしまう危険性もあるので、まずは自分自身、もしくは周囲の人が心の疲労を感じている状態ならば、医療機関や保健センターなどを利用することをお勧めします。また原因が分かっているようならば、その原因を取り除いたり回避するようにしてみましょう。そして最近ではうつ病のセルフチェックが可能なチェックシートなども登場していますので、そういったものを利用して判断してみるのも良さそうです。

状態の特徴

憂鬱な気分に陥るだけでなく、それが悪化して鬱病を発症してしまうと、さまざまな症状が見られるようになってきます。大まかに分けると心の症状と体の症状の二種類に分かれますが、心の症状のケースではさらに意欲の障害や、感情や気分といった障害、思考障害に分類することが可能です。まず心の状態で感情や気分などの障害としては、悲しい気持ちになったり寂しさや虚しさ、孤独感や無力感、絶望感といったものを感じます。またポシティブに物事を考えられなくなり、気分が沈んで抑うつ状態に陥ります。そして意欲の障害としては、やる気が起きずに何事も億劫に感じたり、何をしても面白く感じず、意欲もわかずに趣味もなくなり、身だしなみやおしゃれなどもしなくなってしまいます。それから思考障害については、集中力や決断力が低下し、思考抑制の症状が出ます。また悲観的な思考に支配されるようになり、ネガティブにしか物事を考えられないようになってしまいます。こういった心の症状とともに、身体の症状の特徴としては、食欲低下や過度な食欲、吐き気や便秘といった食や消化器官に関する事柄や、不眠や過度の眠気などの睡眠に関する事柄などが見られます。他にも疲労や倦怠感、身体のだるさや重さを感じることもあれば、性欲低下や生理不順などのホルモン系の症状が出ることもあります。さらには頭痛やめまい、しびれや発汗、息苦しさや動悸など、実にさまざまな症状があります。ちなみにこのような症状が出ると、まずは内科などを受診するケースも多いですが、そこの診断で裏側にうつ病が隠れていることが発覚することなどもあります。自己判断をすることなく、セルフチェックで少しでもひっかかることがあれば、内科や心療内科、精神科などの医療機関に行くようにしましょう。

目に見えない危険信号

女性

鬱の症状は周りの目には見えないことが多いのです。今まで我慢をしてきた事で疲れてしまった脳の機能を薬と休息で徐々に回復していきます。この回復しているように見える時期が一番危険な時期です。周りの人はそのことを把握して接することが大切になってくるのです。

Read More...

現代に増えている精神の病

医者

現在鬱になる人が増えていますが、初期症状に気づいて早めに受診することが大切です。治療は抗うつ薬と精神療法が行われますが、大事なのは周囲の理解です。社会構造の変化によって鬱にかかる人が増えており、周囲が早めに気づいてあげることが、早期の受診につながり、治すことができるのです。

Read More...

メンタル面の病気

笑顔

鬱病になると様々な症状が心身に現れてきます。初期には病気に気付きにくいことがあるため、日頃から自覚症状に気を配っておくことが大切です。鬱病と関係の深いセロトニンを増やすことが、治療や予防では一つの課題となっています。

Read More...